ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガの違いについて紹介します。ヨガとピラティスはとても似ているので、どちらも同じようなエクササイズだと思われがちですがヨガとピラティスは全く違う種類のエクササイズです。ではどこがピラティスとヨガでは違っているのか具体的に説明します。まず呼吸法ですがピラティスの場合には胸式呼吸で鼻から吸って口から吐き出します。ヨガの場合は腹式呼吸でお腹の中まで空気を入れる呼吸法ですからヨガとピラティスはまず呼吸法からして違っています。そしてヨガとピラティスは動きも全然違います。ピラティスの方は、体を常に動かしていたり、器具をつかったりもするのですがヨガの場合は静止してポーズをキープする動きが中心になっています。

そしてピラティスとヨガでは目的や効果も違っています。ピラティスの方は筋肉を鍛えることを目的にしていますし、体の歪みやバランスについても効果が期待できます。ヨガの方は瞑想して精神を高めるという少しスピリチュアル的な要素も含まれていますから体以外にも精神的にも効果の期待が大きいエクササイズです。このように、ヨガとピラティスは似ているようなエクササイズではありますが全く別のエクササイズだということがわかると思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ピラティスとヨガの違い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.i-sub.net/mt41/mt-tb.cgi/182

コメントする

このブログ記事について

このページは、isubが2008年1月 9日 16:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体が硬い人とピラティス」です。

次のブログ記事は「ピラティスの動画」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1